年齢によってカードローンが使えないこともあるの?

年齢によってカードローンが使えないこともあるの?

未成年は民法上、「法律」が絡む行為に関する決定権を一切与えられていません。ちなみに未成年が何らかの間違いでカードローン契約ができたとしても、あとから否応なく契約を無効にすることができます。

クレジットカードであれば、親権者の同意書があれば18歳からでも契約することはできますが、カードローンは商品の性質上、ローン商品にあたるため話が異なります。つまり、ショッピングで利用するクレジットカードとは扱いが違うため、親権者の同意があっても利用不可という言い方もできるのです。

これには2つの理由があります。とはいえ、なんらかの事情により、カードローンを年齢制限なしで利用したいケースがあるかもしれません。

専門用語で『制限能力者』と呼びますが、決定権が与えられるのは20歳からです。以下にまとめましたので、参考にしてください。

カードローンの借入に年齢制限はある?何歳から申込みできるのでしょうか?冒頭でもお伝えしたとおり、カードローンには年齢の制限が設けられています。そのため、カードローンは何歳から利用出来るか気になる人は少なくないのではないでしょうか。

一部の情報では、親権者の同意書があれば契約できるとありますが、それは事実ではありません。結論からいいますと、消費者金融系、銀行系共に20歳以上からとなっています。

大学生にもなれば、コンパや旅行など出費がかさむものです。しかし、例外なく決められた年齢の範囲内で利用することになります。

なぜ年齢制限が設けられているのでしょうか。なぜ下限年齢が設けられているのかというと、法律で決められているからです。

そのため、カードローン会社としては、未成年に融資をしてもメリットは皆無なのです。



年齢によってカードローンが使えないこともあるの?ブログ:19年12月27日

法律実務家によって色々な独創性がありますので、まず始めにお金を返済する方法を最初に決め、取引実績を参照して選ぶことをオススメします。


闇金業者対策というのは、未経験者が作業をするとさらに破損が悪化する事になってしまうケースが多いため、お金を返済する手段でお悩みでしたら弁護士や司法書士に聞くことをぜひオススメします。
多数の法律事務所が存在することから、登録をしてしまう以前に借金整理は取引実績を隅々まで確認しましょう。実体験サイトや民事再生情報サイトなどをとにかく確認してみるのもおすすめしたいです。


手始めに何時でも何処でもネットやタブロイドなどの様々な情報を熟読して、フリーローン業者を選択する場合には、過去の実績などを学ぶのがとっても大切です。
借金返済の手段をとにかく最初に一番に決めておき、司法書士や弁護士によって多少のジャンルなどがありますので、取引実績を参照して選ぶことをオススメします。


事業をさらに進んだ司法書士や弁護士も借金返済サポートの基礎知識を勉強し近年ではリサーチをスタートされるのは珍しいことではなく、珍しくありません。


金融会社を選ぶ時には、とにかく手始めにいつでもどこでもインターネットや裏雑誌などのいっぱいの情報を熟読して、過去の実績などを学ぶのがとっても大切です。


各都道府県に貸金業者が活動をしていますが、全業者が信頼することの出来るとは限っていないことから、クチコミなどを見て優良融資会社選びを行うことが大切です。