債務整理するなら弁護士?司法書士?

債務整理するなら弁護士?司法書士?

たとえば、100万円の借り入れが5口あるというような場合であっても、合計500万円だから司法書士の代理権の範囲を超えるということにはならず、5口とも司法書士が代理できるということです。しかし、司法書士の代理権について争われた最高裁平成28年6月27日判決では、任意整理手続きについて司法書士が代理できるのは、債権者の主張する金額が140万円以内である場合に限られると判断されました。

また、上記最高裁判決では、140万円を超えているか如何にかを判断する基準について、「債務の総額」を基準とするのか、「個々の債権額」を基準とするのかについても判断され、最高裁は、「個別の債権ごとの価額」を基準とすると判断しました。任意整理の手続きを行うにあたり、司法書士の代理権の範囲が問題となることがあります。

この考え方を「受益説」と言います。司法書士が代理人となることができるのは、訴訟や紛争の目的の価額が140万円以内のものに限られるためです。

この考え方を「債権者主張額説」といいます。従来、司法書士会連合会は、改正司法書士法の立案担当者により執筆された解説書「注釈司法書士法(テイハン)」の記載を根拠に、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であれば、司法書士は任意整理手続きについて代理できると主張していました。

したがって、債務の総額とは無関係に、債権額が140万円以内のものについて、司法書士が代理できるということになります。今後は債権者主張額説にしたがって、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であっても、債権者の主張する債権額が140万円を超えるようなケースでは、司法書士は代理できないということになります。



債務整理するなら弁護士?司法書士?ブログ:20年01月19日

ネットを使用することによってとっても気軽に不特定多数の過払い金請求が可能な司法書士や弁護士を見つけられ、最近においては不特定多数の人達が受けています。


今すぐお金が必要で悩んでいる時というのはとにかく広告を見てその個人融資会社に相談をしてしまうことが多いようですが、一度ゆっくりと落ち着いていくつかの業者に依頼をすることが重要と言えます。


特に安価な法律事務所の利用は相場というのがあらゆる業界にもしっかりとあるように、ある程度の借金トラブル解決手段にもアベレージはあるので、避けるべきです。
日本全国にフリーローン業者が存在していますが、全部の貸金業者が優良とは限っていないことから、感想などを目を通して優良融資会社選びをしてみてくださいね。


借金返済方法や、借金整理の評価や信頼性等が法律実務家のサイトには記しているので、予め使う場合にはアクセスしてみることによりお得です。
借金整理というのは、全然知識の無い人が修理しようとするともっともっと状況を悪化してしまう事になってしまうケースが多いため、借金トラブル解決手段でお悩みでしたら借金の代理人に聞くことをオススメさせていただきます。


どんな業界にも費用の相場というのが存在しているように、お金を返済する手段にも当然アベレージはあるので、ちょっと安い価格の司法書士や弁護士の利用は避けるべきです。